パソコン収納ロッカー

パソコン収納ロッカー

パソコン収納ロッカー

このページは「プリンターカートリッジのリサイクルと廃棄方法 」の情報コンテンツです。
パソコン収納ロッカー > プリンターカートリッジのリサイクルと廃棄方法

豆知識

プリンターカートリッジのリサイクルと廃棄方法

みなさんはプリンターカートリッジをどのように捨てているでしょうか。正しい廃棄方法についてご紹介します。

家庭で廃棄する場合

プリンターカートリッジを捨てる場合、基本的には「燃えないゴミ」として処分します。サイズが小さいからといって、「燃えるゴミ」と混ぜて捨てるのではなく、きちんと分別しましょう。また、廃棄方法については、各市町村により異なることがありますので、お住まいの地域の廃棄方法で処分するようにしてください。

家電量販店の回収ボックスへ

家電量販店には、プリンターカートリッジの回収ボックスを設置しているところがあります。そちらに持っていけば、きちんと再資源化してもらえます。また、メーカーによっては、引取回収サービスを行っている所もありますので、お使いのプリンターのメーカーに確認してみましょう。

里帰りプロジェクト

プリンター製造メーカー6社、キャノン、エプソン、ブラザー、デル、日本HP、レックスマークは、里帰りプロジェクトとして、プリンターカートリッジの回収活動をしています。市役所などの公共施設、郵便局などに回収箱が設置されていますので、そちらに持っていけば、各メーカーが責任を持って再資源化をしてくれます。2010年度は、160万個のプリンターカートリッジを回収しており、これは、一般ゴミとして廃棄した場合と比較すると、スギの木、4700本分のCO2の削減量と同等だそうです。地球の環境保護のためにもぜひ協力したい活動です。なお、回収できるのは、プロジェクトに参加している6社のカートリッジのみです。純正のカートリッジしか回収できませんので、注意しましょう。

カートリッジの再資源化

回収されたカートリッジは、きれいなものは再生インクとして、もう一度プリンターカートリッジとして再利用されるものもあります。IC部分は貴金属のリサイクルとして活用されます。最も多いケース部分に使われている純ポリプロピレン材は、粉砕されて新しいカートリッジの部品に使われたり、建材として使用されたりしています。

パソコン収納ロッカー 激安通販