パソコン収納ロッカー

パソコン収納ロッカー

パソコン収納ロッカー

このページは「印刷機のカラーの豆知識 」の情報コンテンツです。
パソコン収納ロッカー > 印刷機のカラーの豆知識

豆知識

印刷機のカラーの豆知識

人間の目には同じに見える色ですが、テレビと印刷物では色の作り方がことなります。それぞれの色の作り方について、ご紹介します。

テレビやパソコンのディスプレイでの色の作り方

テレビやディスプレイ、照明など光を発して色を作る方法を加法混合といい、RGBというやり方で色を作っていきます。赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の三色によってすべての色を作り出します。液晶ディスプレイでは、赤、緑、青の三色の小さな発光体を光らせて色を作っています。それぞれ光の強さで「255」段階で調節します。赤を最高の255に設定して、他の二色をoffにすれば、画面では赤が表示されます。

また、三色とも255にすれば画面上は白になり、すべてをoffにすれば黒になります。したがって、255段階の光の強弱と光の出ないoffの合計256通りを、三色コントロールすることで、複雑な色を作成しています。

印刷での色の作り方

印刷のように物質に色を表現する場合は、減法混合という方法が使われ、CMYKとうやり方で色を作っていきます。シアン(Cyan・水色)、マゼンタ(Magenta・濃いピンク)、イエロー(Yellow・黄色)、ブラック(Black・黒)で色を作成します。RGBの三原色は、赤、緑、青でしたが、CMYKの三原色は、シアン、マゼンタ、イエローです。シアンとイエローを混ぜると緑が、マゼンタとイエローを混ぜると赤が、シアンとマゼンタを混ぜると青になります。

理論上、シアン、マゼンタ、イエローの三色を混ぜると黒になるはずですが、実際にはグレーに近い黒になってしまい、暗さが足りないのです。そのため、美しい黒をつくるため、また三原色のインクを節約するためにブラックを加えたCMYKで印刷のカラーは作られています。

ブラックインクを2種類使用するプリンター

多くのプリンターには、ブラックインクが2種類使用されています。一つはシアンなどと同じ容量のもの、もう一つが容量の多くなっています。他のカラーと同じ容量のものは染料インク、容量の多いものは顔料インクです。染料インクは写真やイラストなどの印刷に使われ、顔料インクは文字の印刷に使われます。この2つはそれぞれ用途が異なりますので、どちらかのインクがなくなっても、もう一方のインクが使われることはありません。どちらか一方でもインクがなくなれば、インクタンクを交換する必要があります。

パソコン収納ロッカー 激安通販